結婚用語辞典

結婚用語辞典

マネーの用語

心付けとは

披露宴をサポートしてくれた人々に渡す心付けの“金額とタイミング”。ちなみに心付けは、「寿」と表書きした結び切りの「水引」に新札を入れ、両家の連名で記入するのが一般的です。挙式・披露宴の前に渡す際には「本日はよろしくお願いします」、後なら「本日はお世話になりました」の一言を忘れずに。最近はこうした心付けを辞退する会場も増えています。

宴会係

1人1000円程度。披露宴開始前か終了後に責任者にまとめて手渡して。

介添え

3000円~5000円。会場入りした際に。

美容着付け係

5000円~1万円。美容室に入ったときに。

カメラマン・司会者・余興協力者)

5000円~1万円。披露宴終了後に。

受付係

3000円~5000円。披露宴の前に手渡して。

運転手

2000円~3000円。会場まで向かう際の、ハイヤーなどの運転手には、お願いした側の名前で乗車の前に渡します。

媒酌人

当日は1万円~5万円。挙式・披露宴後、またはハネムーン後、2~3日中にふたりがそろって(両家の親が同伴することも)直接出向き、謝礼として5万円~20万円を渡します。

挙式・披露宴の費用

宴席料

披露宴を行う会場を貸し切るための料金。宴会場使用料や会場費などと呼ばれることもあります。
その規模や設備により料金はさまざま。ゲスト1人あたりの単価で計算される場合や、あらかじめ固定額が設定されている場合など、算出方法も会場によって異なります。

控え室使用料

披露宴が始まる時間まで、集まってくれたゲストに、くつろいでもらうための部屋の料金。
新郎側と新婦側、各1室をリザーブすることが多いようです。挙式では参列者用に別途必要な場合も。
さらに控え室でウエルカムドリンクを振る舞う場合は、その代金も確認しましょう。

新婦介添料

新婦が歩いたり、座ったりする際にサポートをするプロの世話係を介添人と呼び、それにかかる費用を指します。
美しい姿をゲストに披露するために、介添人の存在は不可欠。会場やプランによっては挙式料に含まれるケースもあります。

筆耕料

席札などのペーパーアイテムに、プロが毛筆で文字を書き込んでくれる代筆サービス。
各アイテムに、あらかじめ含まれている場合も。ただし、招待状のあて名書きを頼むと筆耕料は必ず、別途発生します。

音響照明料

BGMを流したり、新郎新婦にスポットライトを当てたりと、披露宴を盛り上げるために不可欠な、音響や照明設備を利用するための基本料金。
生演奏やカラオケを取り入れる場合はもちろん、自分たちでテープやCDを持ち込んだりする場合にも、オペレーター料など、別途料金が発生することが多いので要注意です。

司会者料

披露宴を順調に進行してくれる、司会者の費用。経験や人気によりランクがありますが、相場は6万円~10万円くらい。
男性か女性かなど、大まかな希望を伝えれば、予算に合わせて、会場側が適任者を推薦してくれます。

引き上げ料

挙式・披露宴の終了後、メイクや髪形を普段のものに直し、着てきた服装に着替えるために必要な料金。
通常、美容・着付け料に含まれる場合がほとんどですが、会場によっては別途発生することもあるので、事前に確認を。

持込料

衣裳や引出物を外部から持ち込んだ場合にかかる料金。“保管料”ともいいます。持込料を取らない会場も増えてきています。

初穂料(はつほりょう)

神前式において、挙式料の代わりに“神様に奉納する金銭”として納めるお金。その年に初めて収穫された稲穂を神前に供えたことに由来します。

献金

一般の信者が通う街の教会で、挙式を行う場合の挙式料のこと。神父または牧師と音楽演奏者への謝礼、施設使用料、祭壇装花などの、挙式にかかる
実費を納めるのが基本です。宗教活動の一環として考えられるため、献金という名で寄付をします。

サンケイリビング新聞社
Copyright © SANKEI LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.