レイウエディング編集部が取材! 式場見学レポート

レイウエディング編集部が取材! 式場見学レポート

広大な緑に包まれて、文化財登録された迎賓館でかなえる、格調高いクラシカルウエディング

神戸迎賓館 旧西尾邸(兵庫県有形重要文化財)

住所:兵庫県神戸市須磨区離宮西町2-4-1
交通:JR神戸線須磨駅より徒歩12分、山陽電車月見山駅より徒歩6分 ※【要予約】初来館時はJR須磨駅からのタクシー代を会場が全額負担
パーティー可能人数:着席6〜128名
予算のめやす:60名 257万3532円
可能挙式スタイル:キリスト教式、人前式、神前式
料理スタイル:フレンチ、和食

この式場の○必チェックPOINT!

① 3000坪の広大な緑と大正建築の趣あふれる邸宅GO!

② ふたりらしさをプラスして、自由度の高いシンプル&モダンな空間GO!

③ 特別な料理と受け継がれるおもてなしで、ゲストの満足度もアップGO!

【POINT1】チャペル・式場3000坪の広大な緑と大正建築の趣あふれる邸宅

1919年に建てられ、国内外の貴賓が訪れたという歴史ある迎賓館は、随所に当時の面影を感じるクラシカルな雰囲気が魅力。建物をとりまく緑あふれる広大な敷地は、神戸市名勝庭園に指定されているそうで、非日常をたっぷり感じられる優美な空間に。館内は、エントランスから待合室、レッドカーペットを敷き詰めた木製大階段やバンケットに至るまで、全てが大正当時のしつらえをそのまま残した美の風格はゲストの感動をより一層盛り上げてくれそう。会場そのものが格調高い大人ウエディングを演出してくれます。

前撮りでも人気の茶室や日本庭園は和装にも洋装にも映え、ほかにはない一枚が残せそう

館内にもここならではのフォトジェニックなスポットが満載! 大階段での撮影はマスト♡

職人の技が光る贅沢な「鳳凰の間」は、大きな窓から自然光が降り注ぎ開放感たっぷり!

【POINT2】パーティー会場ふたりらしさをプラスして、自由度の高いシンプル&モダンな空間

独立型のチャペルは、本館のクラシカルで格調高い雰囲気を引き立てるよう、白とウッド調でシンプルな創りに。祭壇奥やサイドから降り注ぐ木漏れ日がウエディングドレスをより一層美しく見せてくれるそう。セレモニーの後は、ガーデンでのフラワーシャワーやブーケトスなどの演出も自由にプランニングできるので、新郎新婦の満足度が高いのも納得。また、緑に囲まれた別館は、専用テラスや開放的なパーティースペースなど全てが貸切に。ウエルカムスペースや会場をふたりらしく自由に飾り付けできるのも魅力的ですね!

チャペル見学時に、当日をリアルに感じてもらうため、スタッフからのサプライズ演出が♡

別館のモダンなインテリアや開放的な空間に心惹かれ、本館と悩む花嫁も多いそう!

専用テラスは可動式の屋根付きで、いつでもサプライズ入場やデザートビュッフェOK♪

【POINT3】その他ポイント特別な料理と受け継がれるおもてなしで、ゲストの満足度もアップ

各国のVIPをもてなし続けた迎賓館だからこそ、施設や設備にもおもてなしの心が満載! 会場へは撮影スポットとしても人気の車寄せまで、車で乗り入れることが可能なので、年配者やお子さま連れのゲストにも安心。また、館内の随所にスタッフが配置されているそうで、車いすでも苦なく移動できるのもうれしいですね。さらに、おもてなしの要である料理にも注目! 華やかなモダンフレンチは、プリフィックス形式でふたりらしいコースを組み立てられるだけでなく、メニューの変更などのリクエストにもシェフが全力でサポートしてくれるので、想い描く以上のおもてなしを実現できそう!

趣ある重厚な門ではスタッフがお出迎え。入り口から非日常を感じるおもてなしに感動!

併設するレストラン「ル・アン」で試食。料理のファンから結婚式に繋がることも多いそう

結婚式後はレストランがふたりの大切な場所に。特別な日に帰れる場所があるのも素敵!

お話を伺ったのはこちら

お話を伺ったのはこちら

マネージャー
尾家 瑞紀さん

おふたりに結婚式の本質を知っていただき、当日のイメージや式までのストーリーをよりリアルに感じていただけるよう、ブライダルフェアからしっかりサポートさせていただきます。迎賓館ならではの本物のおもてなしを確かめに、ぜひ気軽に足を運んでください。

取材したのはこの人

取材したのはこの人レイウエディング編集部/演出・アイテム系担当

ユーミン

神戸迎賓館 旧西尾邸 のトップに戻る

神戸迎賓館 旧西尾邸 のフェアを見る

サンケイリビング新聞社
Copyright © SANKEI LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.