結婚用語辞典

BRIDAL DRESS BASIC KNOWLEDGE
ドレスの基礎知識

人生で最高の一日を華やかに彩るウエディングドレスは女性の憧れ。シルエットやディテール、素材など知識をしっかり勉強して自分にぴったりの一着を見つけて。

シルエット
SILHOUETTE

ドレス選びの最優先検討課題は何といってもシルエット。
例えば、小さな会場でボリュームたっぷりのドレスは不釣合い。
また、その逆だって同じこと。まずは基本パターンを確認して。

  • マーメイドライン

    マーメイドライン
    ひざの辺りまでぴったりと体のラインに沿い、ひざ下辺りから人魚の尾ひれのように広がった優雅な雰囲気のドレス。ボディラインが強調され大人っぽい雰囲気に。
  • スレンダーライン

    スレンダーライン
    その名の通り、体のラインに沿った細身のまっすぐなシルエット。「ペンシルライン」や「スリムライン」と呼ばれることも。大人っぽい印象を醸し出す。
  • Aライン

    Aライン
    アルファベットのAのように、上半身は小さく、裾に向けてなだらかに広がるドレス。ウエストの切り替えがないものが多く、縦のラインが強調され背を高く見せてくれる。
  • マーメイドライン

    プリンセスライン
    上半身はぴったりとフィットし、腰から裾にかけてふんわり広がった華やかなデザイン。中に着るパニエでスカートのボリュームを調節できるので、比較的体型を選ばない人気のドレス。
  • ベルライン

    ベルライン
    ベル(鐘)のように、腰からひざ辺りにかけてふんわりと丸いふくらみをもたせ、裾をしぼったシルエットが特徴。可愛らしさと華やかな印象を与えてくれる。
  • ミディ(ミニ)丈

    ミディ(ミニ)丈
    ひざ丈または、ふくらはぎの中間くらいまでの長さのスカートのドレスで、キュートで軽やかな雰囲気が。ストッキングやシューズで個性的なおしゃれも楽しめる。
  • エンパイアライン

    エンパイアライン
    バストのすぐ下に切り替えがあり、すっとまっすぐに裾まで伸びるシルエットが足長効果をもたらす。また、体型を隠せるのも悩みを持つ花嫁にはうれしいポイント。

ドレス用語
DRESS TERM

  • オーガンジー
    チュールよりさらに細かく軽く、透け感のある硬い平織り地。さらりとしてふわふわした手触りが特徴。しなやかな張りとやさしい光沢をもち、繊細な雰囲気に。
  • シルクサテン
    なめらかな光沢としっとりした手触りが特徴。厚みと張りがあるため華やかな印象で、どんなタイプのドレスにも合う。
  • タフタ
    平織りのシルク。上品なオフホワイトカラーが特徴。なめらかな感触と、しなやかな張りを併せもち、たっぷりしたギャザーにも美しく映える。
  • チュチュ
    バレリーナが着る、白のオーガンジーなどを重ねてギャザーを寄せたスカート。
  • グローブ(手袋)
    教会式では肌を露出しない考えから手袋を着用する。素材はレースやチュール、サテンなどさまざまなものがある。また、長さもショートグローブ〜ロンググローブがあり、素材・デザインと合わせてドレスとコーディネートして選ぶことが多い。
  • バッスルスタイル
    ヒップや腰の部分にバッスルと呼ばれる腰あてをいれてふくらませたデザイン。19世紀末に流行したスタイルで、サイドから見たラインも美しい。
  • パニエ
    スカートを広げるためにドレスの下につけるペチコート。ドレスのスカートのボリュームをこれで調節できる。
  • チュール
    六角形の網目模様の薄い生地。シワになりにくく、重ねて使うとボリュームが出るため、体型カバーにも。胸元、ベールなどのアクセントに使われることも多い。
  • ケミカルレース
    リバーレースやラッセルレース風に作られたレース。化学薬品を使って作られているので安価で、他のレースと違いひとつずつカットできることから、ドレスをはじめさまざまな用途に使われる。
  • 2WAY(ツーウェイ)
    一着のドレスで2通りのアレンジができるドレス。オーバートレーンやリボン、ボレロなどが取り外しできるものがある。
  • ヘッドドレス
    クラウン(王冠)やティアラ、ボンネ(頭のカーブに沿ったフォルムが特徴のつばのないキャップ)といったヘアアレンジのための小物の総称。
  • ティアードスカート
    ティアーは段々に重ねるという意味があり、フリルなどを段々に重ねて、裾にかけて広がっていくスカート。
  • シフォン
    スカーフやストールなどによく使われる素材で、薄地でやわらかい平織物。
  • シャンタン
    縦に生糸、横に玉糸を使って織られたシルクの一種。そのマットな輝きは、落ち着いた雰囲気を醸し出す。また、軽い素材なので重ね使いでボリュームを出すことも。
  • ラッセルレース
    ラッセル編み機で織られる、連続した模様が特徴のレース。リバーレースに比べて扱いやすく値段も手頃なため、ドレスにもよく用いられる。
  • ラッフル
    ほぼフリルと同じ意味だが、フリルよりも幅の広いヒダ飾りのことをいう。
  • ドレープ
    布に優美なひだが寄るデザインのこと。
  • リバーレース
    リバー編み機で編んだ、レースのなかでも最上級のレース。繊細で複雑な模様は優雅で高級感がある。
  • シューズクリップ
    靴にコサージュなどを取り付けるためのクリップ。靴にもこだわる花嫁が増えてきているため、注目のアイテム。
  • トレーン
    後ろに引きずったドレスの裾部分。大きなチャペルで映える1・5m以上のカテドラルトレーンや、背中からついた布がそのままトレーンになったショルダートレーン、ロマンティックな印象のフリルトレーンなどデザインもさまざま。
  • ローブデコルテ
    襟もとが大きく開いた、女性の正礼装にあたるイブニングドレスのこと。