安心・納得の式場探しをサポート

レイウエディング

安心・納得の式場探しをお約束
「はじめて」だらけの式場探し、不安や疑問の壁にぶつかることも。
私たちは、ウエディングのプロとして、
一組一組に寄り添って、式場探しをお手伝いします。

FOLLOW US

  • Facebook
  • Instagram
  • LINE
ブライダルジュエリーを探す

結婚が決まったら/プロポーズするなら

お気に入りをいつも身に着けていたいから

素材・予算・雰囲気で選びたい人は
 こちら からも探せます。
ブライダルリングの基礎知識

ライフスタイルに合わせて選びたい婚約指輪&結婚指輪

エンゲージリングとは婚約指輪のことで、婚約の証として男性から女性へ贈られる指輪。マリッジリングとは結婚指輪のことで、結婚を記念して男女で交換するもの。エンゲージは、プラチナリングにダイヤをセッティングしたもの、マリッジは普段使いのできるシンプルなデザインが多い。最近では、エタニティリングをエンゲージとマリッジを兼ねたブラッジリングとして取り入れる人も多い。ちなみに、左手の薬指に着けるのは、最も大切な心臓につながる愛の血管が通っているから、という説もある。
エンゲージ

エンゲージ

ステータスジュエリーとして、婚約期間も結婚後も活躍する婚約指輪。一生ものにふさわしい飽きのこないデザインやダイヤの品質などを重視して選びたい。

マリッジ

マリッジ

日常的に身に着けたいマリッジリングは着け心地のよさがリング選びの決め手に。普段指輪に馴染みのない男性に合わせて、フォルムや素材を選ぶのもおすすめ。

情報収集や下見など徹底的なリサーチで運命のリングに出会う

ハイジュエリーを扱うトップジュエラーをはじめ、専門ショップ、百貨店などで購入ができるブライダルリング。しかし購入前には事前リサーチは不可欠。実際にショップに出向いて下見をしたり、レイウエディングをはじめとした結婚情報誌である程度目ぼしいジュエリーショップを厳選したり…。デザイン性やブランド力、アフターケアの有無など、プライオリティを見極めて自分に似合う運命のリングを見つけて。

日常使い、パーティー使い…エンゲージのデザイン選びは具体的なシーンを想定して

フォーマルなシーンで映えるひと粒ダイヤを爪で持ち上げたソリティアタイプ。日常使いをするならセンターダイヤにサイドストーンをあしらったデザインや、低めのセッティングで爪を小さくしたものが◎。また、引っかかりの少ないフラットタイプ、全体にダイヤを連ねたエタニティ、メレダイヤを敷き詰めたパヴェなど、デザインはさまざま。自分がどんなシーンでエンゲージを身に着けたいのかを考えて選ぶと好みのデザインが見えてくる。
エンゲージのデザイン
エンゲージのデザイン
エンゲージのデザイン
立て爪

立て爪

ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを留める代表的な爪のスタイルのひとつで、ひと粒ダイヤモンドのリングデザインとしても最もポピュラーなもの。

ソリティア

ソリティア

センターに1個、中石(センターストーン)を留めたリングを総称した呼び名。石の種類や色、サイズ、また、爪の形を含むデザインなどにより、リングの表情は実にさまざま。

サイドストーン

サイドストーン

中石のサイドにダイヤモンドやカラーストーン、メレ(小粒石)ダイヤをあしらったデザイン。使用する石やそのサイズにより、趣が大きく異なる。

エタニティ

エタニティ

永遠を意味し、アームの外側表面をとぎれなく石が取り囲むタイプ。エンゲージとしてはもちろん、マリッジリングを兼ねたブラッジリングとしても人気。

パヴェ

パヴェ

複数のメレダイヤを石畳のように敷き詰めたタイプ。ゴージャスな印象がありつつも、意外に普段使いにも違和感がないと、幅広い層の女性から好評。

伏せこみ

伏せこみ

石を取り囲むようにして留めたもの。覆輪留めとも呼ばれる。立て爪に比べてひっかかりにくく、デイリーに着けられるのが魅力的。クールな印象のデザインのものが多い。

4つの指標によって品質が表されるダイヤモンドの「4C」

ダイヤモンドの4Cとは品質鑑定基準のこと。頭文字を“C”とする4つの基準で、宝石の重さを意味するCARAT(カラット)、形状や研磨状態を表すCUT(カット)、色のCOLOR(カラー)、そして透明度のCLARITY(クラリティ)のこと。すべてにおいてグレードの高いものに越したことはないが、おおよそカラーはF以上、クラリティはSl1かVS2以上、カットはVG以上であれば問題ないとか。

カラット(CARAT)

宝石の重さのこと。“ct”で表示され、1ct(実際には1.00ctと表示)は0.2グラム。最近のエンゲージに使用されるダイヤは0.3ctがその平均。ただしダイヤの価値は重さだけではないので注意を。

カット(CUT)

美しい輝きを引き出すための形状や研磨状態を指す。ダイヤのプロポーション(形)、シンメトリー(対称性)、ポリッシュ(研磨状態)、フィニッシュ(仕上げ)を鑑定し、総合評価で大きく5段階に等級付けされる。

カット(CUT)
カット(CUT)
カット(CUT)

カラー(COLOR)

ダイヤの色のこと。完全な無色透明のものが最高ランクとされる。Dを上限に、Zに近付くほどくすんだ黄みや茶色みを帯びてくる。ただしピンクやイエロー、ブルーなど、くすみとは別格の色をもつダイヤは希少価値が高い。

カラー(COLOR)
カラー(COLOR)
カラー(COLOR)

クラリティ(CLARITY)

ダイヤの透明度のこと。透明度が高いほど品質も高い。表面にキズや欠けはもちろん、内包物があるか、またそれはどんなもので、どのくらいあるかなどが10倍のルーペで詳しくチェックされる。

クラリティ(CLARITY)
クラリティ(CLARITY)
クラリティ(CLARITY)

光の取り入れ方やデザインに差が出るダイヤモンドのカット法

以下のイラストのようにダイヤモンドのカッティング方法は多彩。なかでも、最もスタンダードなのはラウンドブリリアントカット。58の平面でカットされているのが特徴で、光を効率よく反射させ宝石の輝きを最大限に引き出す。それ以外は総称してファンシーカットと呼ばれていて、同じカットでもやや大きく見せるエメラルドカットや、ロマンティックなハートシェイプカットなどがある。

ラウンドブリリアントカット

ラウンドブリリアントカット

計算し尽くされた光の屈折率、反射率で石の輝きを引き出す定番のカット。58面体のカットが主流だが、複雑な光を放つさまざまなタイプも生まれている。

オーバルカット

オーバルカット

ラウンドブリリアントカットを引き伸ばしたような小判型の女性らしい形状。ダイヤに限らず、さまざまなカラーストーンにも採用されている。

マーキースカット

マーキースカット

ボートのような形状をしたブリリアントカットのバリエーション。先端が尖っており、これひとつならシャープに、脇石として用いればゴージャスな印象に。

ペアーシェイプカット

ペアーシェイプカット

英語でペアー、つまり洋ナシのような形状からこの名が付いた。涙のようにも見えるのでティアドロップとも呼ばれる。指をほっそりと見せる効果あり。

エメラルドカット

エメラルドカット

エメラルドによく用いられ、スクエアカットの代表でもある。平らな面が多いため石の品質を問うが、年齢を重ねても違和感なく着けられる。

ハートシェイプカット

ハートシェイプカット

ブライダルにもぴったりなロマンティックで愛らしい印象のカット。ただ、美しいハートを型どるため、石のロスが多くなり、比較的高価なものになる。

プリンセスカット

プリンセスカット

ブリリアントカットの進化形で、「クウォードリリオンカット」とも呼ぶ。気品と華やかさを兼ね備えたこのカットは、加工に高度な技術を要する。

バケットカット

バケットカット

カラーストーンによく使われるカット。センターストーンの脇石として利用されることも多い。サイズや長さによってずいぶん異なった印象に。

王道のプラチナを筆頭にバリエーション豊富なリングの素材

プラチナは経年変化が少なく、重量感もあって、なめらかな肌によく映える。という特徴から、長年愛され続けているのも納得。ほかには、品のある輝きのイエローゴールド、日本人の肌に馴染みやすいピンクゴールド、洗練された雰囲気を放つプラチナとのコンビネーションを選ぶ人も多い。似合う素材は個人の肌質や雰囲気によって異なるので、特徴を考慮しながらいろいろ試してみて。

プラチナ

変色や変質がなく、抗さびと耐久性に優れた金属。純度を示す数値はPtで表記され、純プラチナをPt1000とする。例えばPt900ならプラチナ含有量が90%であることを示す。ちなみに貴金属としての価値が認められるのはPt850以上。

ホワイトゴールド

ゴールドといえばイエローのイメージが強いが、このホワイトゴールドは合金の際に加えるパラジウムなどの割合によって色が変化するというゴールドの特徴を活かし、作られたもの。柔軟性に富み、加工しやすいのが特徴。

イエローゴールド

欧米でブライダルリングといえば、実はこのイエローゴールドが主流。腐食しにくく、輝きが失われないことが特徴で、その不変性が人を悪魔から守るとされた。純度はK(カラット)で示され、K24が純度100%。例えばK18なら24分の18、つまり75%がゴールドで、残りは銀や銅などを含んでいるということに。

ピンクゴールド

ホワイトゴールド同様に、合金の際に銀や銅、パラジウムが加えられることでピンク色に。キュートな表情で人気は高いが、割れやすいため、非常に加工が困難。サイズ直しなども対応不可なショップもあるので十分な注意を。

妥協せずにこだわりたいリング選びのポイント

ブランドやデザイン価格など、リングのこだわりたいポイントは人それぞれ。だけど、実際お店に行ってフィッティングをしてみることがなにより重要。雑誌や写真で見て気に入ったデザインも、骨格によって似合うかどうかが歴然。ずっと身に着けていたいマリッジリングは、指へのフィット感や着け心地にとくに注目しよう。また、重労働系の仕事をする男性なら、強度の高い素材にするのもおすすめ。

ダイヤモンドの鑑定書 実は店によって発行元や種類が異なる

専門機関が発行するダイヤモンドの品質証明書=鑑定書。多くの店では、一般的に0.3ct以上のひと粒ダイヤを購入した場合に付けてくれる。その鑑定書とは、ダイヤモンドの4Cについての評価が記載されているもので、いわゆるダイヤモンドの身分証明書のようなもの。だから、鑑定書がもらえるから安心!なのではなく、何が記載されているのかが重要。ブランドによっては、自社保証書のみで鑑定書が付かないところもある。

即日持ち帰り不可なリングも多い! だから購入時期は余裕をもって

既製品で、サイズ直しも刻印も入れない場合は当日持ち帰りが可能な場合も。ただし、サイズ直しや刻印を入れる場合は2~4週間、オーダーやセミオーダーの場合には通常より長い時間が必要になるし、在庫がなく海外から取り寄せる場合は数カ月かかる場合もある。日数もまちまちなので事前に確認しておくことと、早めの行動を心がけることが大切。お店によっては持ち帰って、後日刻印を入れてもらえる店もあるので、こちらも要確認。