安心・納得の式場探しをサポート

レイウエディング

安心・納得の式場探しをお約束
「はじめて」だらけの式場探し、不安や疑問の壁にぶつかることも。
私たちは、ウエディングのプロとして、
一組一組に寄り添って、式場探しをお手伝いします。

FOLLOW US

  • Facebook
  • Instagram
  • LINE
衣裳試着会のソレダメ!

フェアに行ってから試着をお願いしよう。

こんなリスクが発生!

●会場に断られる場合あり

試着会は予約制であることがほとんどで、ドレスサロンを併設しているからと言って当日対応してくれるわけではありません。希望する場合は、必ず見学予約時に伝えてください。

10着くらい試着する予定!

こんなリスクが発生!

●試着できない場合あり

フェアで試着できるのは1~2着ほどで、決して無制限ではありません。時間も限られるため、あれもこれもと目移りばかりしていると、試着できないまま終わる可能性も大いにあります。

色打掛を試着したい♪

こんなリスクが発生!

●試着不可がほとんど

和装の着付けはドレスよりも時間が必要ですし、専門のスタッフも必要になるため、フェアでは試着不可の会場がほとんど。どうしてもという場合は、事前に問い合わせましょう。

プラン外で素敵なドレスを発見!
あれ借りたいな…。

こんなリスクが発生!

●レンタルできない場合あり

プランには条件があり、場合によっては数点からしか選べないということも。差額を払うことでラインナップを増やすことも可能ですが、事前に条件を確認しておくのが好ましいです。

イメージがないからとりあえず試着しよう

こんなリスクが発生!

●試着会の時間が無駄になる

ドレスは、希望するウエディングスタイルや会場の雰囲気にも影響します。希望の色やデザインなどある程度決めて望まないと、「ただ試着した」だけになり時間の無駄になります。

私に似合うドレスを試着させてもらおう♪

こんなリスクが発生!

●スタッフにイメージが伝わらない

「似合う」と言っても人によって捉え方は異なり、言葉だけだとスタッフにイメージが伝わらない場合があります。イメージに合った写真などを事前に用意しておきましょう。

ドレスは持ち込む予定だから気楽に試着しよう♪

こんなリスクが発生!

●持ち込みができない場合あり

持込料を支払ってドレスを持ち込むことはできますが、そもそも持ち込み不可の会場が存在するのも現実。後で揉めることのないよう、フェアの段階から確認しておきましょう。

ファーストミートがしたいからひとりで試着に行くつもり

こんなリスクが発生!

●ドレス迷子になりやすい

ひとりだと判断がしづらいうえに、スタッフが忙しいと写真が撮れない危険性も。フェアの段階から彼に見せたくないにしても、せめて家族や友人に付き添ってもらいましょう。

普段の下着で行ったらドレスからハミ出て恥ずかしい…。

こんなリスクが発生!

●ドレスのイメージが把握できない

ドレスは肌を露出するデザインが多く、下着がハミ出ると全体の雰囲気が把握しにくくなります。肩紐が外せるorチューブトップのブラを用意して試着に臨みましょう。

衣裳・小物がいくらかチェックし忘れた

こんなリスクが発生!

●料金アップの可能性あり

ドレスによって使用する衣裳小物は変わるため、相場ではなく価格幅や事例を確認しましょう。ちなみにベールは長さで料金が変わり、ショートとロングでは万単位の差が出る場合も。
区切り
プランナーと相談時のソレダメ!

喋ってる専門用語がよく分からないけどなんとかなるかな♪

こんなリスクが発生!

●納得して成約できない

話している内容が分からないまま曖昧に答えていると、予算や条件面の話だった場合、後で「そんなつもりじゃなかった」と言っても後の祭りです。その都度確認してください。

GWの日取りが空いてた

こんなリスクが発生!

●ゲストのキャンセルが増える

GWなどの長期休暇は旅行を計画している人も少なくなく、ゲストのキャンセル率が高まるので、1年後などでなければ避けるのがベターと言えます。Xmasなどのイベントも同じです。

希望日が空いてないからこの会場は候補から外そう。

こんなリスクが発生!

●会場の選択肢が狭まる

「絶対にこの日!」と決めていない限り、その考えはNGです。ひと月ずらすだけでも空いている日も増えて、検討しやすくなるものです。柔軟に考えた方が会場の選択肢は広がりますよ。

何も交渉せずに帰ってきちゃった。

こんなリスクが発生!

●思い直しても持ち込みできない

持ち込みに条件が付く会場は多く、成約後だと融通の利かないことがほとんど。そのためフェアの時は持ち込むつもりがなくても、念のため条件の確認は必ず行ってください。

このプランナーさんと相性が合うかも♪

こんなリスクが発生!

●成約後に担当が変わる場合あり

多くの会場で、成約の前後にプランナーが代わることは珍しくありません。フェア時のプランナーが引き続き担当してくれるのか、確認しておくことをお勧めします。

気になっていた他会場の情報も教えてくれた

こんなリスクが発生!

●先入観のある知識になる

一部の会場で、相談時に他会場の評判を聞いても、そのまま鵜呑みにするのはキケンです。誤った情報の場合もありますので、必ずフェアに参加してご自身で判断してください。

引出物の持ち込みを交渉したらOKに!

こんなリスクが発生!

●ほかが持込み不可になる場合あり

一部の会場では持ち込みの数を制限していることがあり、例えばドレスをOKにしたことで他アイテムが不可になることも。特定のアイテムだけでなく持ち込み全体の条件を確認してください。

日取りの変更は成約後もOKなんだって♪

こんなリスクが発生!

●希望の日取りが取れない

日取りは日々埋まっていき、時間が経つにつれ週末自体が空いていないことも考えられます。成約後の変更は保険程度と思って検討しましょう。また変更料が発生するかの確認もお忘れなく。

手作りアイテムは持込料無料なんだって!

こんなリスクが発生!

●持込料を請求されるものあり

手作りアイテムが持込料無料なのは一般的ですが、その範囲は必ず確認してください。例え手作りでも、衣裳や保管に困るほど大型のものなどは、持込料が発生する場合があります。

こっちがお客なんだし多少強めに言った方が希望が通りそう

こんなリスクが発生!

●会場との関係が悪化する

結婚式は会場スタッフのサポートもあって初めて成り立ちます。下手に出る必要はありませんが、高圧的な態度ではクレーマーと思われ、結果的に結婚式にまで影響が出かねませんよ。
区切り
  1. prev
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. next
正しいブライダルフェア参加マニュアル
夢が広がる試着会にも、
知らないとマズい落とし穴がいっぱい!

フェアに行ってから試着をお願いしよう。
●会場に断られる場合あり
試着会は予約制であることがほとんどで、ドレスサロンを併設しているからと言って当日対応してくれるわけではありません。希望する場合は、必ず見学予約時に伝えてください。

10着くらい試着する予定!
●試着できない場合あり
フェアで試着できるのは1~2着ほどで、決して無制限ではありません。時間も限られるため、あれもこれもと目移りばかりしていると、試着できないまま終わる可能性も大いにあります。

色打掛を試着したい♪
●試着不可がほとんど
和装の着付けはドレスよりも時間が必要ですし、専門のスタッフも必要になるため、フェアでは試着不可の会場がほとんど。どうしてもという場合は、事前に問い合わせましょう。

プラン外で素敵なドレスを発見!あれ借りたいな…。
●レンタルできない場合あり
プランには条件があり、場合によっては数点からしか選べないということも。差額を払うことでラインナップを増やすことも可能ですが、事前に条件を確認しておくのが好ましいです。

イメージがないからとりあえず試着しよう
●試着会の時間が無駄になる
ドレスは、希望するウエディングスタイルや会場の雰囲気にも影響します。希望の色やデザインなどある程度決めて望まないと、「ただ試着した」だけになり時間の無駄になります。

私に似合うドレスを試着させてもらおう♪
●スタッフにイメージが伝わらない
「似合う」と言っても人によって捉え方は異なり、言葉だけだとスタッフにイメージが伝わらない場合があります。イメージに合った写真などを事前に用意しておきましょう。

ドレスは持ち込む予定だから気楽に試着しよう♪
●持ち込みができない場合あり
持込料を支払ってドレスを持ち込むことはできますが、そもそも持ち込み不可の会場が存在するのも現実。後で揉めることのないよう、フェアの段階から確認しておきましょう。

ファーストミートがしたいからひとりで試着に行くつもり!
●ドレス迷子になりやすい
ひとりだと判断がしづらいうえに、スタッフが忙しいと写真が撮れない危険性も。フェアの段階から彼に見せたくないにしても、せめて家族や友人に付き添ってもらいましょう。

普段の下着で行ったらドレスからハミ出て恥ずかしい…。
●ドレスのイメージが把握できない
ドレスは肌を露出するデザインが多く、下着がハミ出ると全体の雰囲気が把握しにくくなります。肩紐が外せるorチューブトップのブラを用意して試着に臨みましょう。

衣裳・小物がいくらかチェックし忘れた
●料金アップの可能性あり
ドレスによって使用する衣裳小物は変わるため、相場ではなく価格幅や事例を確認しましょう。ちなみにベールは長さで料金が変わり、ショートとロングでは万単位の差が出る場合も。
結婚式の条件確認や交渉をする
場だからこそ、確認漏れはNG!

喋ってる専門用語がよく分からないけどなんとかなるかな♪
●納得して成約できない
話している内容が分からないまま曖昧に答えていると、予算や条件面の話だった場合、後で「そんなつもりじゃなかった」と言っても後の祭りです。その都度確認してください。

GWの日取りが空いてた
●ゲストのキャンセルが増える
GWなどの長期休暇は旅行を計画している人も少なくなく、ゲストのキャンセル率が高まるので、1年後などでなければ避けるのがベターと言えます。Xmasなどのイベントも同じです。

希望日が空いてないからこの会場は候補から外そう。
●会場の選択肢が狭まる
「絶対にこの日!」と決めていない限り、その考えはNGです。ひと月ずらすだけでも空いている日も増えて、検討しやすくなるものです。柔軟に考えた方が会場の選択肢は広がりますよ。

何も交渉せずに帰ってきちゃった。
●思い直しても持ち込みできない
持ち込みに条件が付く会場は多く、成約後だと融通の利かないことがほとんど。そのためフェアの時は持ち込むつもりがなくても、念のため条件の確認は必ず行ってください。

このプランナーさんと相性が合うかも♪
●成約後に担当が変わる場合あり
多くの会場で、成約の前後にプランナーが代わることは珍しくありません。フェア時のプランナーが引き続き担当してくれるのか、確認しておくことをお勧めします。

気になっていた他会場の情報も教えてくれた
●先入観のある知識になる
一部の会場で、相談時に他会場の評判を聞いても、そのまま鵜呑みにするのはキケンです。誤った情報の場合もありますので、必ずフェアに参加してご自身で判断してください。

引出物の持ち込みを交渉したらOKに!
●ほかが持込み不可になる場合あり
一部の会場では持ち込みの数を制限していることがあり、例えばドレスをOKにしたことで他アイテムが不可になることも。特定のアイテムだけでなく持ち込み全体の条件を確認してください。

日取りの変更は成約後もOKなんだって♪
●希望の日取りが取れない
日取りは日々埋まっていき、時間が経つにつれ週末自体が空いていないことも考えられます。成約後の変更は保険程度と思って検討しましょう。また変更料が発生するかの確認もお忘れなく。

手作りアイテムは持込料無料なんだって!
●持込料を請求されるものあり
手作りアイテムが持込料無料なのは一般的ですが、その範囲は必ず確認してください。例え手作りでも、衣裳や保管に困るほど大型のものなどは、持込料が発生する場合があります。

こっちがお客なんだし多少強めに言った方が希望が通りそう
●会場との関係が悪化する
結婚式は会場スタッフのサポートもあって初めて成り立ちます。下手に出る必要はありませんが、高圧的な態度ではクレーマーと思われ、結果的に結婚式にまで影響が出かねませんよ。