安心・納得の式場探しをサポート

レイウエディング

安心・納得の式場探しをお約束
「はじめて」だらけの式場探し、不安や疑問の壁にぶつかることも。
私たちは、ウエディングのプロとして、
一組一組に寄り添って、式場探しをお手伝いします。

FOLLOW US

  • Facebook
  • Instagram
  • LINE
見積もり作成時のソレダメ!

よく分からないからおすすめの見積もりを作成してもらおう

こんなリスクが発生!

●金額がアップする可能性大

フェアの見積もりは各項目のランクが低く設定されていることがほとんど。スタッフに言われるままではなく、希望を伝えながら作らないと、後で増額のリスクが発生します。

予算ギリギリだけどそんなに増額しないと言われて安心

こんなリスクが発生!

●予算オーバーの可能性あり

結婚式の最終費用は初期見積もりから一般的に1.5倍になると言われています。「そんなに」は会場の感覚であって鵜呑みにしては危険です。困っても会場は助けてくれませんよ。

フェア限定の50万円分の特典をゲットするぞ!

こんなリスクが発生!

●不要な特典の場合あり

金額ではなく特典の内容に目を向けてください。ふたりにとって不要なものなら特典の意味がありませんし、もしその特典にオプションが必要で料金が追加されるなら本末転倒です。

予算が合わないからこの会場は検討外かな。

こんなリスクが発生!

●会場の選択肢が狭まる

会場によってはクレジット払いや後払いに対応しています。予算は大切ですが、カバーできる方法も確認しておかないと、選べる会場が狭まるだけで残念としか言えません。

料理は1万円のコースにそろえて各会場の見積もりを作成

こんなリスクが発生!

●質が低下する可能性あり

会場によってコースの価格設定は異なるため、単価ではなくランクをそろえてください。金額だけに目を向けすぎると、結婚式の質が低下する危険性さえ想定されますから。

おすすめされた仏滅用プランがお得そう

こんなリスクが発生!

●家族が反対する場合あり

仏滅や大安といったお日柄(六曜)は、目上の人ほど意識するものです。場合によっては家族から反対されてキャンセルする恐れも。例えお得でも安易に決めず、家族に相談しましょう。

予算重視だから少人数で見積もりを作成しよう。

こんなリスクが発生!

●自己負担の費用が増える

ゲスト数が少ないと、その分ご祝儀は減るので、結果的に自己負担は増える傾向にあります。呼びたかった人を我慢することにも繋がるので、予算前提で少人数にするのはおすすめできません。

20名予定だけど30名のプランがお得そう

こんなリスクが発生!

●人数が満たなくても減額されない

会場のプランには最低人数が設定されています。例えば30名60万円のプランを利用して、結果ゲストが25名でも、5名分減額されるわけではないので、吟味して選んでください。

今なら100万円オフ!? そりゃ即決すべきでしょ

こんなリスクが発生!

●キャンセルの可能性あり

100万円オフは確かに魅力的だけど、1軒目のフェアなら要注意。見学していないほかの会場が気になって、結局キャンセルするリスクが高まります。

フルパックのプランなら費用を抑えられそう

こんなリスクが発生!

●金額がアップする可能性大

フルパックとは言え必要なものが“最低限”全部入ったプランであることがほとんどで、オプションなどは含まれていません。結果的にふたりの希望によって増額すると心得てください。
区切り
フェアへ行った後のソレダメ!

最近忙しいし1カ月くらい休憩しよっと!

こんなリスクが発生!

●イチから探し直すことになる

会場探しは間を空けるほど、それまでの印象が薄くなり検討が難しくなります。また、期間限定のプランなどは利用不可になりやすく、結局イチから会場探しを始める事態になりかねません。

彼から一任されてるし、私だけで決める予定

こんなリスクが発生!

●彼が準備に消極的になる

あくまでも結婚式はふたりのイベントです。例え「まかせる」と言われても、会場をひとりで決めると後で彼と揉める原因にもなり、結果その後の準備にも悪影響が出かねません。

今日はフェアで疲れたから交渉した事は今度まとめよう

こんなリスクが発生!

●会場と認識のずれが生じる

交渉事は必ずその場でメモを取り、当日中にまとめておきましょう。日を空けると交渉内容があやふやになってしまい、会場側と認識のずれが生じてしまう恐れもあります。

見積もりに漏れを発見したけどこのまま検討しよう。

こんなリスクが発生!

●会場の比較検討ができない

見積もりは何度でも調整できますので、遠慮せずメールや電話で連絡を取り、すぐに修正してもらってください。見積もりにズレが出ると会場の比較検討もできませんから。

40名で相談したけど人数を減らして会食に変更しようかな。

こんなリスクが発生!

●会場を探し直す可能性あり

各会場には受け入れられる最少人数が決まっています。ゲスト数がそれ以下だと利用できないことになるため、場合によっては会場を改めて探し直すことも考えられます。

仮予約できるみたいだからとりあえず書類にサインしよう

こんなリスクが発生!

●本契約している恐れあり

仮予約は会場によって捉え方がさまざまで、本契約を意味する場合もあります。特に、仮予約時に契約書が出てきたら注意してください。本契約にサインをしている恐れさえあります。

今日即決したけどやっぱりキャンセルしよう

こんなリスクが発生!

●予約金が返金されない

例え当日中でも成約時に支払った予約金は返金されないので要注意。さらに結婚式まで6カ月をきった状態だと、追加でキャンセル料が発生する場合も。即決はくれぐれも慎重に。

即決したけど本命は別にあったから念のためフェアに行ってみよう!

こんなリスクが発生!

●キャンセルの可能性あり

成約後にほかの会場に行くと高確率で心が動きますし、本命だと思っていたなら尚更です。成約したら他会場は見ない。それができないなら即決はしないことです。

試食はできなかったけどそれ以外は全部確認できた

こんなリスクが発生!

●納得して成約できない

1会場につき1フェアといった決まりはありませんので、少しでも心残りがあれば、もう一度参加して不明点を解消してください。でないと納得して成約することはできませんよ。

見積もりの単価に注目して低価格の会場に絞るつもり

こんなリスクが発生!

●追加料金発生の可能性あり

見積もりの比較時は金額だけでなく内容にも目を向けてください。単価が安くても含まれている内容が少なければ、後で追加料金が発生し、結局高くついてしまう恐れも。
区切り
  1. prev
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. next
正しいブライダルフェア参加マニュアル
予算にも直結するだけに、細かに
確認しないと意外なリスクが発生!

よく分からないからおすすめの見積もりを作成してもらおう
●金額がアップする可能性大
フェアの見積もりは各項目のランクが低く設定されていることがほとんど。スタッフに言われるままではなく、希望を伝えながら作らないと、後で増額のリスクが発生します。

予算ギリギリだけどそんなに増額しないと言われて安心
●予算オーバーの可能性あり
結婚式の最終費用は初期見積もりから一般的に1.5倍になると言われています。「そんなに」は会場の感覚であって鵜呑みにしては危険です。困っても会場は助けてくれませんよ。

フェア限定の50万円分の特典をゲットするぞ!
●不要な特典の場合あり
金額ではなく特典の内容に目を向けてください。ふたりにとって不要なものなら特典の意味がありませんし、もしその特典にオプションが必要で料金が追加されるなら本末転倒です。

予算が合わないからこの会場は検討外かな。
●会場の選択肢が狭まる
会場によってはクレジット払いや後払いに対応しています。予算は大切ですが、カバーできる方法も確認しておかないと、選べる会場が狭まるだけで残念としか言えません。

料理は1万円のコースにそろえて各会場の見積もりを作成
●質が低下する可能性あり
会場によってコースの価格設定は異なるため、単価ではなくランクをそろえてください。金額だけに目を向けすぎると、結婚式の質が低下する危険性さえ想定されますから。

おすすめされた仏滅用プランがお得そう
●家族が反対する場合あり
仏滅や大安といったお日柄(六曜)は、目上の人ほど意識するものです。場合によっては家族から反対されてキャンセルする恐れも。例えお得でも安易に決めず、家族に相談しましょう。

予算重視だから少人数で見積もりを作成しよう。
●自己負担の費用が増える
ゲスト数が少ないと、その分ご祝儀は減るので、結果的に自己負担は増える傾向にあります。呼びたかった人を我慢することにも繋がるので、予算前提で少人数にするのはおすすめできません。

20名予定だけど30名のプランがお得そう
●人数が満たなくても減額されない
会場のプランには最低人数が設定されています。例えば30名60万円のプランを利用して、結果ゲストが25名でも、5名分減額されるわけではないので、吟味して選んでください。

今なら100万円オフ!?そりゃ即決すべきでしょ
●キャンセルの可能性あり
100万円オフは確かに魅力的だけど、1軒目のフェアなら要注意。見学していないほかの会場が気になって、結局キャンセルするリスクが高まります。

フルパックのプランなら費用を抑えられそう!
●金額がアップする可能性大
フルパックとは言え必要なものが“最低限”全部入ったプランであることがほとんどで、オプションなどは含まれていません。結果的にふたりの希望によって増額すると心得てください。
フェア参加後も注意しておきたい
NGポイントをチェック!

最近忙しいし1カ月くらい休憩しよっと!
●イチから探し直すことになる
会場探しは間を空けるほど、それまでの印象が薄くなり検討が難しくなります。また、期間限定のプランなどは利用不可になりやすく、結局イチから会場探しを始める事態になりかねません。

彼から一任されてるし、私だけで決める予定
●彼が準備に消極的になる
あくまでも結婚式はふたりのイベントです。例え「まかせる」と言われても、会場をひとりで決めると後で彼と揉める原因にもなり、結果その後の準備にも悪影響が出かねません。

今日はフェアで疲れたから交渉した事は今度まとめよう
●会場と認識のずれが生じる
交渉事は必ずその場でメモを取り、当日中にまとめておきましょう。日を空けると交渉内容があやふやになってしまい、会場側と認識のずれが生じてしまう恐れもあります。

見積もりに漏れを発見したけどこのまま検討しよう。
●会場の比較検討ができない
見積もりは何度でも調整できますので、遠慮せずメールや電話で連絡を取り、すぐに修正してもらってください。見積もりにズレが出ると会場の比較検討もできませんから。

40名で相談したけど人数を減らして会食に変更しようかな。
●会場を探し直す可能性あり
各会場には受け入れられる最少人数が決まっています。ゲスト数がそれ以下だと利用できないことになるため、場合によっては会場を改めて探し直すことも考えられます。

仮予約できるみたいだからとりあえず書類にサインしよう
●本契約している恐れあり
仮予約は会場によって捉え方がさまざまで、本契約を意味する場合もあります。特に、仮予約時に契約書が出てきたら注意してください。本契約にサインをしている恐れさえあります。

今日即決したけどやっぱりキャンセルしよう
●予約金が返金されない
例え当日中でも成約時に支払った予約金は返金されないので要注意。さらに結婚式まで6カ月をきった状態だと、追加でキャンセル料が発生する場合も。即決はくれぐれも慎重に。

即決したけど本命は別にあったから念のためフェアに行ってみよう!
●キャンセルの可能性あり
成約後にほかの会場に行くと高確率で心が動きますし、本命だと思っていたなら尚更です。成約したら他会場は見ない。それができないなら即決はしないことです。

試食はできなかったけどそれ以外は全部確認できた
●納得して成約できない
1会場につき1フェアといった決まりはありませんので、少しでも心残りがあれば、もう一度参加して不明点を解消してください。でないと納得して成約することはできませんよ。

見積もりの単価に注目して低価格の会場に絞るつもり
●追加料金発生の可能性あり
見積もりの比較時は金額だけでなく内容にも目を向けてください。単価が安くても含まれている内容が少なければ、後で追加料金が発生し、結局高くついてしまう恐れも。