安心・納得の式場探しをサポート

レイウエディング

安心・納得の式場探しをお約束
「はじめて」だらけの式場探し、不安や疑問の壁にぶつかることも。
私たちは、ウエディングのプロとして、
一組一組に寄り添って、式場探しをお手伝いします。

FOLLOW US

  • Facebook
  • Instagram
  • LINE
後悔しない会場の探し方
後悔しない会場の探し方
お金の失敗談

お得な特典と思ったら衣裳やメイク代が見積もりに足されてた!

必要な特典なのか検討して判断を

特典はお得な場合が多いけれど、注意すべきはオプションが発生するかどうか。条件を確認するのはもちろん、そもそもその特典がふたりにとって必要なものか検討してから判断して。

日取りを変更したら割引特典がなくなった…。

交渉次第で利用できる場合も

期間限定の特典は多く、適用期間を外れたら利用できなくなることがほとんど。ただし、その特典が決め手になる場合は、同等の特典を付けてくれる場合もあるので交渉してみて。

ドレスプランで選べるのが3点だった。

増額の目安も確認のうえ検討を

衣裳プランには上限価格が設定されていて、選択肢が数点のみということも。差額を支払えばラインナップも増えるが、思わぬ増額につながらないよう、価格帯も確認しておくと安心。

プランの価格に釣られたけど中身がスカスカだった。

金額よりも内容を重視すること

プランは一見リーズナブルでも、ふたりの結婚式のために必要な項目が含まれているかを確認してから利用を決めて。料理などのランクや特典内容もチェックするのがマスト。

<プランで確認すること>

  • ●足りないアイテムはなにか
  • ●料理などのランクはどうか
  • ●不必要な特典がないか

お互いの予算を話してなかったから判断できなかった。

予算は会場見学前に必ず確認を

ふたりの貯蓄額と親からの援助を足したものが結婚式の資金となる。用意できる額が分からなければ見積もりの金額を判断できないため、会場見学前にふたりで話し合っておこう。

見積もりのランクが会場ごとでバラバラ! 比較ができない(涙)

金額ではなく中身の質をそろえて

料理や衣裳などランクのある項目はついつい単価に注目してしまうが、金額が同じだとしても内容まで同じとは限らない。中身の質を各会場でそろえることが重要だと心得て。

要望をてんこ盛りにしたら最初から予算オーバー!

複数の見積もりを作ってもらって

例えば、料理の品数を増やしたおもてなし重視、演出をたくさん入れたテーマ重視など、何パターンかの見積もりを出してもらえば、予算と要望のバランスをみて検討できる。

お金の失敗談
見学後の失敗談

せっかく行ったのに来週の方が大規模で結局また行く羽目に…。

事前にフェアの内容をチェック

フェアには規模や種類があり、いつも同じものを行っているわけではない。内容や名称は会場によってさまざまなので、事前にHPなどで下調べをしてから参加するようにしよう。

気合を入れてピンヒールで行ったら死ぬほど疲れた…!

靴は移動しやすいものを選んで

身だしなみは大事だけど、見学は歩くことが多いので履きなれた靴で行くのがおすすめ。成約するまで複数の会場を見学することも考えて、フラットシューズなどを選んでおいて。

1日5軒も見学したら1軒目の記憶が消失!

見学は詰め込まずに1日2軒まで

見学は施設を確認する以外にも条件交渉や見積もり作成など、集中力が必要なもの。しっかり見学して選びたいなら各会場の印象が薄れないよう、1日で見学するのは2軒までにするほうがベター。

のんびりしてたらお得なプランの期限が切れてた(涙)

期限や期間も忘れずに確認して

プランや成約特典などの適用期間が過ぎてしまうと、金額などでの検討が困難に。時間を無駄にしないためにも、会場探しでは間を空けず見学&検討することをお忘れなく。

整理しようと思ったら見学中にメモを取ってなかった…。

比較検討にも役立つから必ずメモを

すべてを記憶するのは難しいのでしっかりメモを取ろう。複数の会場を検討する場合は特にメモがあると便利。相談時の記録はもちろん、施設の印象なども書き留めておこう。

帰って写真を見返したら全然撮ってなかった…。

実際の雰囲気を写真に収めて

見学後に情報を整理するとき、メモに加えて写真があるとより雰囲気やスケール感を思い出しやすい。新郎新婦から見える位置だけでなくゲストの目線でも撮影するのがベター。

見学後の失敗談
成約前後の失敗談

予約金を忘れて当日成約できなかった。

成約には予約金が必要だと心得て

一般的に成約には10~15万円の予約金が必要で、これは内金扱いとなる。会場によってはクレジットカードや銀行振込でも対応しているので、持ち合わせがない場合は確認して。

本命を見学しないまま勢いで別会場を即決したから心残りが…。

本命があるなら即決は思い止まって

即決すれば大幅な割引や当日成約特典などが受けられるが、本命の会場があるならやめておくべき。その心残りが、後々の会場キャンセルに繋がる場合も大いにあるので慎重に。

契約書を全然読まずにサインしちゃって不安になってきた…。

面倒でもしっかり読み込んで!

取り決め事が細かく記載された契約書を流し読みするのは絶対にNG。書かれている内容で契約することになるので、面倒でもしっかり読んで、不明点を解消してから成約して。

<成約時に確認すべきこと>

  • ●契約書の内容に不明点はないか
  • ●交渉内容を書面にしてもらっているか
  • ●成約後のスケジュールはどうか

成約を思い直してキャンセルしたら追加金を請求された。

キャンセル料の発生時期に注意して

成約した会場をキャンセルすると予約金はもちろん返ってこないが、時期によっては追加でキャンセル料も発生する。結婚式6カ月前からの発生が多いので、直近婚は特に要注意。

<キャンセルの注意点>

  • ●予約金は返金されない
  • ●時期によって追加料が必要
  • ●当日までの日が短いほど増額する

成約後に別会場を見学したら心変わりして結局キャンセル。

成約したら他会場は見ないこと

フェアへ行けばテンションが上がったり、特典に心が揺れ動いたりするもの。決めた会場をキャンセルする可能性も高まるので、成約後は他会場を見に行くのは避けるべき。

価格交渉できるって知らずにそのまま成約しちゃった(泣)

成約前なら価格交渉はできる

金額の値引きに対応してくれる会場は多いため、必ず成約前に交渉を。とはいえ、強気に出すぎると、会場との信頼関係が薄れる危険性もあるため、節度をもって交渉するのがベター。

成約前後の失敗談