安心・納得の式場探しをサポート

レイウエディング

安心・納得の式場探しをお約束
「はじめて」だらけの式場探し、不安や疑問の壁にぶつかることも。
私たちは、ウエディングのプロとして、
一組一組に寄り添って、式場探しをお手伝いします。

FOLLOW US

  • Facebook
  • Instagram
  • LINE

結婚式の見積もり大解剖

結婚式の見積もり大解剖

結婚式の見積もり大解剖

初めてで分からないことだらけの式場探し。なかでも見積もりは、ブライダルフェアで作成しても、見方や増額の仕組みが分からないとモヤモヤしがち。そこで見積もりを項目ごとに大解剖! 疑問をなくして式場探しに役立てて。撮影/合田慎二

見積もりを解剖する前に…

まずは使える金額を考えよう

いくら結婚式にかけられるのか、どうやってお金を用意するのか。まずは下図を見ながらふたりでよく話し合ってみて。

予算の考え方

実は初期見積もりの金額では挙げられません!

MAX見積もりから理由を読み解こう

初期見積もりは、結婚式までにふたりの希望を盛り込んで上がっていくもの。そこで最終に近い“MAX見積もり”を見ながら、各カテゴリをタップして詳細を確かめよう。

どんなものが見積もりを構成しているの?

見積もりの中身を見てみよう

一般的な項目を盛り込んだ見積もりには、式場探し中には気が付かなかったものも含まれているはず。カテゴリの項目ごとに確かめて、見積もりを読み解こう。

1
料 理

料理はおもてなしの要。料金は単価×人数の項目が多く、大きくなりがち。財布と相談しながらこだわるところを決めて。

料理の種類

定番はフランス料理だけど

一番人気は特別感のあるフランス料理。次に選ばれているのは和洋などの折衷料理。なかにはイタリア料理や中国料理を楽しめる式場も。

料理のランク

ふたりの希望に合ったランク設定を

料理には内容や品数によってランクがあり、何段階あるかや価格帯は式場ごとで異なる。複数の式場を比較する場合は単価ではなく、例えばメインが国産牛になるランクに限ってそろえるなどすると、判断しやすい。

料理の単価

単価はランクで変動する

婚礼料理はゲスト一人ひとりに提供され、単価×人数が料金となるため、大きな金額になりがち。また、ランクによって変わってくる単価は、右のグラフを見ると1万5000円前後を選ぶカップルが多いよう。

グラフ

メニューの変更・追加

料理はカスタマイズも可能

多くの式場では料理自体のランクを上げずに、メインのみランクアップさせたり、1品足したりなどカスタムが可能。

子どもの料理

子ども用の料理も忘れずに

ワンプレートやハーフコースなど、式場によって子ども専用の料理がある。ふたりだけでは判断できないので、子ども連れゲストにボリュームなどを確認して選んで。

イメージ

料理を使った演出

食を演出にすることもできる

式場によってデザートビュッフェ、フランベ、オリジナルメニューのオーダーなど、食の演出が可能。ふたりらしいおもてなしになるが、基本的にオプションであることを覚えておいて。

イメージ

ウエディングケーキ

ケーキは人数とオプションに注意

「フレッシュ」は「生ケーキ」とも言い、食べられるケーキを指し、単価×人数で計算されることが多い。ケーキの装飾、オーダーメイドなどは別料金になることが一般的。ちなみに入刀のみのケーキは「イミテーション」と呼ぶ。

有料試食会

試食会の費用が入ることも

この項目は成約後の試食会の費用を差し、料理を決定するために参加するカップルが多い。有料の場合がほとんど。

2
ドリンク

料理と同じく、おもてなしには欠かせないもの。自分たちのゲストが満足できる内容か確かめて選択しよう。

ドリンク

フリードリンクの内容

ゲストに合う内容か確認を

「フリードリンク」とはいわゆる飲み放題のこと。婚礼料理と同じくランクがあるので、飲み物の種類数など内容を見て、ゲストに合うものを選んで。また、待ち合いでのドリンクや乾杯酒を含む式場もある。

イメージ

フリードリンクの単価

フリードリンクの相場を知る

費用も婚礼料理と同じように、単価×人数で考えるのが一般的。式場によって価格設定は異なるが、レイ調べでは3000円~4000円前後を選ぶカップルが多い。

グラフ

乾杯酒

乾杯酒はボトル数で考える

定番の乾杯もオプション扱いが一般的で、ボトル単位で換算する式場が多い。お酒はシャンパンかスパークリングワインであることがほとんど。

イメージ

子どものドリンク

ドリンクにも子ども用がある

フリードリンクはアルコールが含まれた金額のため、多くの式場には未成年向けのドリンクがある。

3
会場費

どうしてお金がかかるのか分からない人も多いはず。見積もりを確認しながら、その理由を知っておこう。

会場使用料

会場使用料の内訳とは

披露宴会場の使用料で、「室料」と書く場合も。貸切費用というだけでなく、音響や照明などのメンテナンスや、カーペットのクリーニングなど、結婚式にふさわしい空間に保つ管理費だと捉えて。また、ブライズルームや親族控え室の使用料を含む式場もある。

ブライズルーム

個室での支度を希望するなら

新郎新婦が支度や待機をする部屋。「支度部屋」と書く場合も。料金は個室でなければ発生しないことが多い。

イメージ

親族控え室

顔合わせで使用することも

両家で1部屋ずつ用意するのが一般的。親族の顔合わせに利用することも。一部式場では親族用の控え室がない場合もある。

4
挙式料

イメージどおりの挙式をかなえるには何が必要か、キリスト教式の見積もりを例にして考えてみよう。

挙式料

挙式スタイル

理想の挙式スタイルはどれ?

挙式には4つのスタイルがあり、式場によってはできないものも。「キリスト教式」はキリスト教、「神前式」は神道、「仏前式」は仏教と、それぞれの教えに則り行われ、「人前式」はゲストを立会人として愛を誓う。

挙式料の内容

挙式料だけで式はできるか

挙式料の中に、式を取り仕切る司式者以外は何が含まれているか確認を。聖歌隊などの音楽や、案内が書かれた式次第、リングピローのレンタルなどは、式場によってはオプションとなる場合も。

5
衣 裳

ふたりの花嫁・花婿姿を完成させるために必要なものや、自分たち以外の衣裳など、細かいところにも目を向けて。

新郎新婦衣裳

運命の衣裳は1着以上かも

どんな衣裳を何点着るかで項目数も変化。お色直しは新婦のみが多いが、表を見ると新郎も4割以上が実施している。ちなみに「WD」はウエディングドレス、「CD」はカラードレスやカクテルドレスの略称。

グラフ

衣裳の費用

理想の姿をかなえる金額

一生に一度の結婚式だから、思い描いた花嫁・花婿姿をかなえたいもの。とはいえ資金は有限なので相場をチェック。

グラフ

衣裳の持ち込み

衣裳を持ち込む前に確認

「衣裳保管料」とは持込料のこと。事前にそもそも衣裳を持ち込めるのか、料金や条件の有無の確認を。

衣裳の小物

小物はこだわりで変動する

小物は衣裳を選ぶ前に決められず、後から追加するのが一般的で、持ち込み可能な式場も多い。洋装なら専用インナーやシューズといった必需品のほか、アクセサリーなど晴れ姿を引き立てる小物も必要。

列席衣裳・小物

ゲストによって増加するかも

両親や親族などの衣裳を借りると発生する項目。ゲストの都合で変わるため、小物と同じくのちのち追加することが多い。

  • 1
  • 2